• HOME
  • BLOG
  • Edit
  • 【現像befor/after】Photoshopでの細かいレタッチも公開

【現像befor/after】Photoshopでの細かいレタッチも公開

撮影した写真を現像ソフトで現像している人なら気になるであろうビフォーアフター。

撮って出しと現像後がどのくらい違うかって気になりますよね?

私はとっても気になります。笑

Photoshopでの合成やレタッチもどんなことをしているの?とよく聞かれるので、今回一緒にまとめてみました。

Lightroom 現像befor / after

まずはLightroomだけでの現像。

だいぶ印象が違いますね。笑

・白を白として現像しながら香水の色は保つ
・クリーンな印象にしたかったので黄ばみを除去
・メインの香水部分にテクスチャと明瞭度をプラス

このままでもいいかもしれませんが、気になる点が多々あるのでPhotoshopでレタッチしていきます。

Photoshopでの細かいレタッチ

 

どこが変わったでしょう、、

もうこれは自己満足な領域かもしれない。笑

・影の部分がマゼンタよりに色かぶれしていたので除去
・肌の色と香水の色が馴染んでいなかったので調整

上記の部分を追加でPhotoshopでレタッチしています。

ハイライト部分だけならLightroomでもできるかもしれないですが、色に関しては変えたくない場所まで変わってしまったり限界があったりするので、レイヤーとマスクを使用した方がより細かく追い込むことができて私はPhotoshopの方が楽です。(Photoshopでのレイヤー作業の方が画質が劣化しないと言われていますし)

Photoshopでの主な作業

お仕事ではもちろん、普段の撮影でも行っている主な作業がこちら。

・チリ、ほこりを除去(商品はもちろん、プロップや背景も)
・可能な限りの映り込みの除去
・Lightroomで調整できない水平垂直の修正
・ピントの合成
・背景の延長
・前ボケの合成

上記を必要に応じて対応しています。

商品撮影においては、こういった細かいレタッチが必要になってくることが多いと思います。

元の画像はそのままで、調整レイヤーを使用してマスクで作業するのが基本。

やりすぎても戻れるようにしておきます。

また、合成した部分の端のマスクかけ忘れとか、要らない部分が出てしまっていないかの確認も重要です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

Photshopは日頃から実務レベルで使用しているので、抵抗なく使うためにやはり慣れが必要な部分かとは思います。

でも、撮影では実現できない部分の想像や、できることの幅が広がるのでいざという時に安心にもつながりますし、使えるようにしておくといいことしかないのでオススメです!

 

Related posts