• HOME
  • BLOG
  • Column
  • 【アイディアってどうしてる?】インプットについて

【アイディアってどうしてる?】インプットについて

何かを生み出すために欠かせないインプット。

さんはどのようにしていますか??

今回は、私が行っているインプットの方法について紹介します。

SNS

SNS用コンテンツを撮影するときなんかは、やはり「SNSに馴染む」が前提になってくるので、SNS映えする構図・雰囲気等を調べるときにinstagramを主に見ています。

一般的なSNSとは違いますが、関連した画像が探せるpinterestは1つの雰囲気でバリエーション多く探せるのが便利で普段からよく眺めています。

好きなボードを作って保存できるので、ムードボードやイメージを考えるのにとっても便利なのです。

たまにpinterestに転がっているオシャレな写真をそのままSNSコンテンツに使用しているアカウントを見かけますが、禁止行為なのでやめましょう〜!笑

雑誌、写真集

主に海外の雑誌や写真集を購入して見ています。

購入しないと見れないので、ネットには転がっていない情報をインプットすることができます。

装丁やロゴ使い、エディトリアル等もステキなので、デザイン的な部分の刺激にもなりますし、インテリアのカタログやwebサイトも配置やシーンづくりの参考になるのでオススメです。

商品ディスプレイ

お店の商品ディスプレイを配置のバランスのアイディアにすることもあります。

商品数が多い店内で、気持ちよく配置された商品のバランスは商品撮影にも役立ちます。

pinterestでもディスプレイ画像が見れるので、構図や配置の参考にするのもオススメです。

映像作品

これは直接のインプットというより、ムードや色合い、世界観の引き出しの幅を広げたいときにオススメです。

映像の粒子感、明るさ、色合い等、現像時にも参考になる部分もあります。

1枚絵的な写真ではなく、部分的な切り取りアングルの参考にもなるのではと思います。

あとは、ちょっとアウトプット辛いなーって時に写真から離れる良い息抜きにもなります。

芸術に触れながら息抜きできちゃうなんて最高。

最後に

インプットの方法って、どこから情報を仕入れるかは結構皆さん同じかと思います。

でも、どこを見ているのか、どういった理由で参考にしているのかって個々に違うのではないでしょうか?

インプットをしたあと、アウトプットするまでのアレンジや咀嚼も重要なポイントですよね。

真似ではなく、自分の感性の中にどう落とし込んで表現するか。

その力がスタイリングにおいて力量となって現れる部分ではないでしょうか。

そこはまた改めて記事にしたいと思います^^

 

Related posts